社団法人 吹田市歯科医師会
TOP 会の紹介 医院案内 健診と活動の紹介 お知らせ 歯科情報Q&A 会員専用ページ 口腔ケアセンター リンク集
お知らせ

最新のニュース
吹歯君
 
第67回 よい歯のコンクール」が開催されました

平成30年5月13日(日)午前10時30分より千里ニュータウンプラザ8F多目的ホールにて「第67回全大阪よい歯のコンクール」吹田地区の表彰式が行われました。 平成29年度に3歳児健診を受けられた3173名の中から7組の親子が対象となりました。

 参加された13組の親子に、当会疋田会長より表彰状が手渡されました。さらに審査の結果、 以下の3組の親子が表彰されました。

 
 
第34回「みんなの健康展」に来てみませんか!

 下記の日時・場所にて、「みんなの健康展」が開催されます。医師会・薬剤師会など多くの団体が参加協力し、市民が気軽に参加できる楽しいイベントとなっています。当会は、歯と口の健康広場にてすいしマンクイズ、歯みがきレッスン、フッ素塗布(子ども)、口臭測定などを実施します。
ぜひ会場に足を運んでみて下さい。

日 時: 9月9日(土)午前11時〜午後4時
場 所: 吹田市立総合福祉会館・保健センタ―


クリックすると大きくなります

「H29年みんなの健康展ポスター.pdf」は以下のURLでダウンロード可能です
http://www.ha-suita.com/img/info2/170801_poster.pdf
TOP
 
『第66回 よい歯のコンクール』が開催されました

平成29年5月11日(木)午後3時30分より吹田市立保健センター3F研修室にて「第66回全大阪よい歯のコンクール」吹田地区の表彰式が行われました。平成28年度に3歳児健診を受けられた3115名の中から14組の親子が対象となりました。参加された14組の親子に、当会千原会長より表彰状が手渡されました。さらに審査の結果、以下の3組の親子が表彰されました。

 
 
『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016』決定!

『「いい歯で、いい笑顔」を日本中に。』をテーマに、今年で23回目を迎える『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016』(主催:日本歯科医師会) の授賞式が、「いい歯の日(11月8日)」にちなんで開催されました。

著名人部門では、2002年8月の全国高校女子選手権にて大会記録で優勝以来、国内外の大会で数々の成績を積み上げてきた、ウエイトリフティング三宅宏実さんと、映画「真田十勇士」や日本テレビのドラマ「ゆとりですがなにか」他、舞台やナレーターなどでも活躍中の松坂桃李さんに決定いたしました。

詳しくはhttp://bestsmile.jp/をご覧ください

TOP
 
平成30年4月より、成人歯科健康診査(75歳以上対象)がかわります。

平成30年4月より後期高齢者医療保険者証をお持ちの方向けの歯科健康診査がかわりました。また、後期高齢者医療保険者証をお持ちでない方は今まで通りの成人歯科健康診査をうけることができます。詳しくは当ホームページの『健診と活動の紹介』をご覧ください。

TOP
 
「吹田市歯と口腔の健康づくり推進条例」が制定されました

平成26年9月30日に「吹田市歯と口腔の健康づくり推進条例」が、近畿の市町村では初めて制定・施行されました。条例文については以下に掲載しております。
吹田市と吹田市歯科医師会では、ライフステージに即したお口の状態や歯科疾患の特性に対応した健診事業を実施して、お口の健康づくりを通じて市民の健康長寿に貢献するために勇往邁進してまいりました。平成24年9月に開設されました吹田市口腔ケアセンターでは、これまでの歯科健康診査とは異なる歯科保健・指導事業をより発展させて開催しております。
「吹田市歯と口腔の健康づくり推進条例」は、これら各事業を更に充実するための礎となるものです。一生涯途切れることのない歯科保健事業の充実は、市民の健康長寿を達成し、明るい高齢社会の構築の基礎となります。

TOP
 
口腔ケアセンターがオープンしました!

平成24年9月3日(月)、南千里駅前に新設された千里ニュータウンプラザ内に吹田市口腔ケアセンターが開設されました。口腔ケアを学ぶための展示物の常設や 市民の方々を対象とした事業を行います。
平成26年度より事業内容を一新し、よりわかりやすくなりました。詳細は口腔ケアセンターのホームページをご覧ください。

TOP
吹歯公園アーカイブス(過去のニュース)
吹歯公園コラム
☆6月4日はむし歯予防デーです

6月4日は“むし歯予防デ―”で、それに合わせて子どもたちは、学校や園などで歯科健診を受診される機会もあることと思います。その結果、むし歯や口腔内のトラブルが発見され治療勧告書を手渡される子どもも多いことでしょう。
ただ、この治療勧告書に対して実際に歯科を受診するのは、高学年になるほど受診率が低下しています。確かに、高学年ほど、学業やクラブが忙しく時間が取れないでしょうが、そのまま放置しておくと、痛みだけでなく学業やクラブのパフォーマンスにも大きな影響を与えることがあるので注意が必要です。
例えば、歯の痛みで集中できずに定期試験や受験で思うような結果を得られなかったとか、スポーツクラブでプレーに集中できずに負けてしまったという話をよく耳にします。
ですから、治療勧告書を貰ったから歯科医を受診するのはもちろんのこと、なるべく定期的に歯科医を受診してむし歯を未然に防ぐようにチェックしてもらったり、むし歯の程度が軽い間に処置してもらうことが大切です。


 

TOP | 会の紹介 | 医院案内 | 健診と活動の紹介 | お知らせ | 歯科情報Q&A | 会員専用ページ | リンク集 |
社団法人 吹田市歯科医師会