社団法人 吹田市歯科医師会
TOP 会の紹介 医院案内 健診と活動の紹介 お知らせ 歯科情報Q&A 会員専用ページ 口腔ケアセンター リンク集
医療・保健関係者への情報
平成24年度 第3回 吹歯学術講演会 聴講報告

開催日時:平成24年7月18日(水)

「医療安全講習会 抗血栓療法患者、慢性腎臓病患者の歯科治療を含めて」

講師にNTT西日本大阪病院の 美馬 孝至 先生をお招きし、「医療安全講習会 抗血栓療法患者、慢性腎臓病患者の歯科治療を含めて」と題してご講演いただきました。

平成19年4月より「良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律」(改正医療法)が施行され、今まで病院及び有床診療所の管理者に義務付けられていた「医療安全管理のための体制の確保」が、無床診療所の管理者へも義務付けられました。

この法律を受けて今回は医療安全対策として、歯科治療時の誤嚥・誤飲、術後麻痺知覚鈍麻、予後不良、問診の不徹底による処方ミス、歯科治療後の入院、誤抜歯・手術部位間違い、上顎歯牙抜歯時の上顎洞穿孔・迷入、治療後の気腫形成等についてスタンダード・プリコーション(標準予防策)の目的、CDCの“3つの感染経路”別予防策や実施内容についてご講演いただきました。

これらの対策は1999年から2000年にかけて相次いで起きた医療事故が時代背景にある事から話がはじまり、セカンドオピニオンの普及、それに対する保険点数の改正などから今後の行政の動向も伺えるようなお話でした。

また、高血栓療法を受けている患者の歯科小手術に対しての注意点も2010年版の“高血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン”や“糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン”などの書籍がある事を紹介され、高凝結療法の中止による全身的影響や止血の方法、透析を受けている慢性腎臓疾患患者の歯科治療の注意点等もご講演いただき大変参考になった内容でありました。

我々、一般開業医でも日々の臨床を行う時に起きてはならない医療事故に対して事前に予防する事の大切さ、またヒヤリハット報告の収集の重要さも改めて認識いたしました。


(学術研修委員会担当 田中隆雄・光成洋二・喜島裕剛・須佐伸彦・平良淳・岩住征紀・糠谷吉秀)
 

TOP | 会の紹介 | 医院案内 | 健診と活動の紹介 | お知らせ | 歯科情報Q&A | 会員専用ページ | リンク集 |
社団法人 吹田市歯科医師会